裁判例で金額が決定する

困る人

不倫をした場合

離婚の慰謝料の金額というのはケースによってまちまちです。それは離婚になるまでのプロセスが家庭によって大きく異なるからです。そうはいっても一般的には慰謝料は裁判例に基づいて決定されますので、相場というものがあります。たとえば、配偶者が不倫をしたケースにおいては、慰謝料は1000000円から5000000円が相場になります。この場合の慰謝料の金額は不貞行為の回数や期間に大きく左右されます。回数が多くて期間も長ければその分だけ金額も大きくなります。ちなみに、この場合の不貞行為というのは肉体関係があることだけを意味します。プラトニックラブであれば不貞行為とみなされずに慰謝料は発生しません。また、身体的もしくは精神的な暴力を被ったケースにおいては、500000円から4000000円が慰謝料の相場になります。どのような暴力が振るわれたのか、それに至るまでの経緯はどのようなものだったのか、暴力の回数などが金額の決め手になります。日記をつけている場合にはこれらを示す証拠になってとても有効です。さらに、悪意の遺棄というケースにおいては、500000円から2500000円が相場になります。この悪意というのは具体的には一緒の家に住むことを拒否したり、生活費を出さなかったり、性交渉を意味もなく断ったりするようなケースが挙げられます。他にも、セックスレスによって生じる慰謝料は1000000円から2000000円が相場です。

オススメ記事

少額案件でも依頼できる

ジャッジガベル

名古屋の弁護士事務所を利用するということであれば、無料相談サービスを利用してみるということが大事です。大抵の事務所では、相談から依頼するという流れの方が利用しやすいという部分などもあります。利用する上で、便利なことは大切です。

詳しく見る

いろいろなところがある

女の人

大阪にはいろいろな税理士事務所があるので、その事務所が得意とするジャンルについて把握し、相談してみるといいかもしれません。また、無料で相談会を開いている事務所もあります。これなら費用もかからずに手軽に相談ができます。

詳しく見る

人生をやり直す

レディ

返済不可能な借金があると大きな悩みを抱えながらの生活になります。借りては返すの多重債務に陥る前に弁護士に相談することです。自己破産をすれば自分の財産を処分して借金をゼロにすることができます。そして人生を再スタートすることができるのです。

詳しく見る

裁判例で金額が決定する

困る人

離婚の慰謝料の相場はケースバイケースです。相手が不倫をした場合は1000000円から5000000円程度です。暴力が振るわれた場合は500000円から4000000円程度になります。他にも悪意の遺棄やセックスレスなどケースによって金額は異なります。

詳しく見る

Copyright© 2017 税理士事務所が対応してくれる仕事を1から解説! All Rights Reserved.